修理実績 平成13年 カペラワゴン

endy1

明けましておめでとうございますブログからそのまま修理実績も書いちゃいます!結構「この車ブログに書こう~♪」って思ってお客さまから了解もらってるのに、書けてないっ!てのが何台かありまして・・・・

平成13年式のマツダカペラワゴンです。お客様も大事にガレージで保管されてる車ですので、登録から7年以上経ちますが綺麗な状態のお車です。

左の後部ドアと、ドアとタイヤハウスの間のパネルに凹みがあります。

9740-0004

ドアより後部のほうが凹みがひどいです。ドアとの隙間を見ると、その凹みの大きさがよくわかります。ドアを開けて内部の板金も必要になります。

が・・・・

問題が出てきました。

9740-0003

その更に後ろに別件でお客様がぶつけていた部分がありまして、こちらの方がはるかに損害が大きいのです。

近くで見るとかなり波打ってます。

9740-0002

今回は車両保険を使っての修理になりますので、左のクウォーターパネル(後ろのタイヤの上部パネル)部分を保険で修理した方が良いのでは・・・何て も思い、保険会社やお客様と相談しました。リアバンパーや左後部コーナーの傷(タッチペンしてある部分)の修理もしたい、との事でしたし、どうしようか悩 みました。

が、大事な保険代理店さんからの紹介ですし、保険会社にも協力をいただいて、ドア部を保険で、それ以外の部分はお客様の実費で修理することにしまし た。お客様からいただく実費は15,000円です。もちろんこの金額でクウォーターパネル、リアバンパー、コーナーパネルの修理は無理ですが、なんとか赤 字にはならない程度の金額は出ました。どうやったかは企業秘密です(^○^)/

ドアのモールのみ交換です。後は全て板金しました。当社の武田板金部長はきっちりラインも作りますし、仕上がりも早くて綺麗。いつも感心して見ております!

9740-0012

本来であれば交換したいような、あれだけ波を打っていたパネルも、ご覧の通りきっちり滑らかになっており、ラインもしっかり出てます。リアバンパーも部分塗装にはなりますが、綺麗に仕上がっております。

9740-0011

納車の際にはお客様にも喜んでいただけましたし、代理店さんからもわざわざお礼のお電話をいただきました。こういう一言がこちらからすると凄く嬉し いもんです。こちらも仕事させていただきHappy!お客様も安価で修理できてHappy!支払う保険会社も交換無くてHappy! な仕事はやりがいが あります。

当社は、保険会社の優良指定工場になっていますので、保険会社や代理店さんからの紹介の仕事が多くなります。もちろんディーラー様もそうです。仕事の仕上がりが悪かったり、何か不手際があると、お客様だけでなく紹介いただいた方々にもご迷惑をかけてしまいます。

なので、この修理に関わるみなさんが喜べる様な仕事をしなければならないと思っております。

そういった仕事をするには、やはりお客様や紹介いただいている方々との対話が必要になります。これを多くし、色々なニーズに応えながら仕事をして行かなきゃな~ってつくづく思っております。。。

 

みなさま、寒くなってまいりましたので道路の凍結が出てきました。この時期多いのはやはり「追突」です。車間距離を保って、無理な速度、運転をしな ければスリップ追突は避けられます。「追突」される側から見ると、後ろからの事故なので全く予期せぬままに突然衝撃が車と身体に走ります。不意打ちを食ら う様なもんです。身体は準備をしないままに大きな衝撃を受けるので、その分ダメージは大きいのです。ですので、追突すると相手の車はもちろん、身体にも損 害を与えてしまいます。

車は修理すれば元に戻りますが、身体はそうは行きません。

特に注意の必要な時期になりました。みなさま、安全運転をお願い申し上げます。

 

 

 

謹賀新年

endy1

明けましておめでとうございます!本年も例年同様宜しくお願い申し上げます。

12月がとにかく何かと忙しく、ブログもなかなか書けませんでした・・・仕事ももちろん忙しかったのですが、「光のページェント」の方もありまして。

今年も光のページェントの実行委員として頑張ってました。仕事が終わった夜19時半ぐらいからの会議にもほとんど参加し、いつも終わるのは22時を過ぎるっ!!みなさん仕事終わってからの「ボランティア」ですんで仕方ないのです(≡^∇^≡)

昨年同様、12月23日に行われた「サンタの森の物語」のサンタパレードを担当しました。計1000人以上のサンタさんが定禅寺通りを通行止めにしてパレードするんです。迫力ありますよ~♪

 

そんな忙しい年末でしたが、お正月休みはゆっくり出来ましたので今年も頑張ります(^○^)/

年明け入庫も結構来てましたので、従業員一同気合入れて行きます!今年も宜しくお願いいたします。

自動車修理実績  平成18年 ティーダ

endy1

こんばんわ。寒くなって来ましたねぇ~!特に朝晩はかなり冷え込みます。まるで既に冬に入ってしまったのか?!ってぐらいですよね。

今年の冬は寒くなりそうです。早めのタイヤ交換をお勧めします!

10月末から結構入庫がバタバタと続き、忙しいふりして更新できませんでした。。。ウチは完全にガソリンの値段に入庫が左右されてる気がします。8月なんか暇で仕方無かったのですが、10月あたまぐらいからずっと代車待ちの状態が切れません。

大変ありがたいのですが、待たせてるお客様には申し訳なくて申し訳なくて・・・すみません。

 

さて修理実績です。

入庫時に「タイヤの脱輪」で紹介した車です。10月20日過ぎぐらいには納車する事が出来たのですが、UPが今ごろになってしまいました。

3888-0001

とにかくボンネット、バンパー、ヘッドライトなどココまでくると修理は不可能ですので、外装はほとんど交換になってしまいます。

とりあえず外装外します。

3888-0005

3888-0006

やはり内部にも結構損害がありましたが、思っていたほどではありませんでした。ラジエターやコンデンサーもすっかり変形してましたし、コアサポートもほとんどダメ。。。ですがエンジン自体の損害はないので、追突した車両と同じ様な修理内容になって行きます。

フロント周り内部を交換、調整します。

3888-0008

毎度の事ながら、ここは神経使ってきっちり合わせていかないと、後で外装を組む時にズレが生じます。人間も身体の骨格がしっかりしていないと、バランスが悪くなり変なところが痛くなります。車も同じですね。

外装部品も組み付けてみて調整、点検します。きっちり合ってます。

3888-0010

ここまで来たら塗装にまわします。フロントドアから前は全部塗るようになりますね。

いまさらですが、左のヘッドライトが衝撃で外に開きました。それにより左のフェンダーが外に押し出され、ちょうど真ん中あたりで折れてました。そこもきっちり見逃さずに板金してます。

3888-0011

塗装が終わり組み付けをして完成です。前からみると新車そのものです。納車の日は雨になってしまったのと、納車寸前に撮ったので、完成写真はちょっと暗いんですが・・・綺麗に仕上がりました。

3888-0012

でもホント怖いですよね、対向車からタイヤが飛んでくるなんて。。。交通事故はいつ被害者になるか、または加害者になるかわかりません。いつなってもおかしくないんですよね。運転には最新の注意が必要だと思い知らされました。

 

今回の修理代は相手側の保険会社が全額負担です。車の修理代、代車(レンタカー)代、レッカー代など、今回の事故によって必要になった金額全てが相 手持ちです。事故によって車の中に積んでいた荷物が壊れたり、ジュースが事故の衝撃でこぼれ、カーステレオや内装がダメになっても同じです。これは相手の 対物賠償保険から支払われます。

 

今回の修理金額は約61万円でした(部品代がかなり占めてます・・・)。この金額は相手保険会社が損害状況を確認しに来て、見積もりを作ったものに 足りない部品等をこちらで申請した形で協定されました。この様に、保険の支払いでの修理の場合は、保険会社が金額を決める事が多いです。

保険会社のアジャスター(損害状況、金額を決める人)さん達は、凄いです。ばらしきって無いのに内部の損害状況までしっかりと見積もりに出してきま す。ウチも保険会社と同じ見積もりソフト(アウダセブン)を入れてますが、若干のズレが出る程度でほぼ完璧です。恐れ入ります。。。

 

次回はどの車をUPしようか迷っています。普通の修理ではあまり見ても・・・と思いますので、何か特徴のある修理を載せたいと思っております。あっ、もちろんお客様の了解は毎回得てますんで!!

 

ページェントカー

endy1

さて。本日2回目のブログです。

暇なのか?!って言われそうですが・・・いま遠藤自動車は混んでおります!代車待ちが8台ほど出ており・・・お待ちの皆様、大変ご迷惑をおかけしております。すみません。

当社には代車が11台あり、この規模では多いほうだと思うのですが、10月に入って結構混んでまして代車待ちがだいぶ出てしまっております。そしてなぜか今月は車検が多いです。ありがとうございます!

 

さて、車検が多いというお話をいましましたが・・・・こんな車も車検で入庫です!

pe-jyennto000

この車なんだかわかりますか?

pe-jyennto0002

すごい数の電球が・・・約5000個だそうです!!

pe-jyennto0003

なんか文字も見えますね。

夜光らせるとこうなります。

small04

そうです、光のページェントで使う「ページェントカー」なのです!!車検で入ってきたんです。

この車は光のページェント期間中のみ定禅寺通り近辺を走ります。その他の期間は、仙台市で管理している倉庫に眠っているのです・・zzzzz

電球を外し、車検を取って自動車保険もかけます。この2週間のためだけに・・・ウン十万のお話です。あまりにもそれではキツイので、今回はなんとか安く仕上げられるようにとの依頼で、当社にやってきたのです。

光のページェントの下を走るこのページェントカーを見る子供達の目は、まるでおとぎ話の世界に入り込んだような瞳になるんです。その為だけに走らせるこの車、ページェントの実行委員としてもなんとかしたいと思っております。

が・・・なかなかの難問となっております!!!がんばります!!!

 

自動車修理実績  平成1年コロナエキシブ

endy1

こんにちわっ!

だんだん寒くなってきましたねぇ。昨日商工会議所青年部のメンバーのお店でご飯食べてたら、他のメンバーが続々と現れ・・・しかも同じサッカー同好会のメンバーだったのでもう大騒ぎ。。。

お酒は大人しくゆっくり、食事を味わいながらいただきましょう~っ!

 

さて、修理実績です。最近納車した車両なんですが、なんと平成1年車っ!!

追突されたとの事ですので相手保険会社が全額補償となるのですが、この手の車は車両価値が少なくなってしまうので、修理代がそれを上回ります。これ を・・・「全損」と言います。こうなると保険会社は、その車両価値の金額を現金で相手に支払い、そこで示談となりますが・・・揉めます。

大体ですが、初年度登録から10数年経つと新車価格の10%ぐらいから価値をつけていきます。今回のお車の場合、25万円との事でした。

9303-0001

ぱっと見るとそれほどでも無さそうですが・・・

9303-0003

全体的にかな中に押されてます。リアバンパーはもちろんですが、テールランプ(左右、中央の3つ)も内側で破損があるので交換が必要になります。バックパネル(テールランプ、リアバンパーの内側ボディー部)も交換が必要な状態です。

また、リアの中央部分が強く押されているために、左右のクォーターパネルが内側に入ってきています。この修正はかなりの技術が必要になります。

9303-0007

この様な状態ですので、新品部品を使ってまともに修理したら35万を余裕で超えます。

そんなときは・・・

「リサイクル部品」を使って修理金額のコストダウン!!

9303-0009

まずは外装部品を取り外し、左右のクォーターパネルの修正をし、バックパネルを交換します。パネル自体が溶接されているので、それを外しまた溶接して付け直します。その後溶接部分にしっかりシーリングをして腐食や雨漏りを防ぎます。

9303-0010

しっかりと修正された後部には、外装部品も難なくつけられます。塗装をするとこんな感じです。

これにリサイクル部品の外装を組みつけていけば完成です。今回の外装部品はエンブレムや細かい部品意外を除いて全て揃いました。

9303-0011

完成です。後部は新車並みの状態になってます。リサイクル部品もこうやって見ると違和感をまったく感じさせません。綺麗な仕上がりになりました。

今回の重要ポイントであった修理金額も、リサイクルパーツのおかげで現在車両価値を下回る形で終わりました。

 

最近は「対物超過修理費用」なるものが自動車保険に出来まして、この特約を付帯している車両が増えてきました。これは「車両価値を修理代が超える全損の場合に、修理をすることを条件に車両価値プラス50万円まで支払う」というものです。

年式の古い車との事故のときや、大きな修理が必要になる事故、などはこれがかなり効いてきます。当然我々修理業界にとっても大きな特約であり、以前 であれば全損で修理不可能な修理も、リサイクルパーツの普及、全損超過修理特約のおかげで修理が出来るようになってきております。

 

さて、今日は続けてもう1つ書きます。

これも面白い報告ですんでご期待ください!