いも煮会

endy1

こんにちわ!

珍しい早い更新です(*^▽^*)

先日の土曜日に工場でいも煮会をやったので、その様子を載せま~す。

遠藤自動車塗装のいも煮会自体は毎年やっており、その会は既に終わっていたのですが(UPしてませんでした(-_-;))、今回はお世話になっている保険会社のいも煮会です。

本 当は秋保で30人以上参加のソフトボール大会をやってから、全員でいも煮&BBQを行う、こちらも毎年恒例行事だったのですが、残念な事に雨で前日の夜に 中止になってしまい・・・若い保険会社の社員さんと一緒に私も幹事をやっていたのですが、食材をたくさん用意してしまっていたので「こりゃやるしかないで しょ~≧(´▽`)≦」と、当日休みだった工場を開けて強引に開催しました!

中止の連絡を回してしまっていたので、声をかけられる範囲での開催となりましたが、男だらけの10数人でワイワイ楽しくやりました。

0000-0004

0000-0001

0000-0003

0000-0002

保険会社の代理店さんや社員さん方も、このソフトボール大会やいも煮会を楽しみにしていたのですが、やはり天候には勝てませんm(。_。;))m

工場の一部屋から車を全部出して、すっからかんの状態にして開始っ!男だらけの調理が始まり、最初はどうなることか、と思いましたが、やっぱりいました「鍋奉行ヽ( ´¬`)ノ」

この方のおかげでみんなは指示に従うのみ。どんどん調理が成されていきます。そしてあっ言う間にいも煮完了!美味しいいも煮にありつけました。

 

いつもお世話になっている方々に、工場に来てもらってこういう場が持てたのは、私としても嬉しかったです。また何か別の形で何かしらのイベントやりたいですね。

急でしたが参加いただきました皆様、有難うございました<(_ _*)>

 

 

修理実績!平成16年 トヨタクラウン

endy1

みなさまだいぶご無沙汰しておりますっ!

「最近ブログ全くやってないだろ!」

「とうとう会社潰れたかっ?!」

などなどの温かい(?!)お言葉をたくさん頂いておりました。。。

すみません、ちょっと、いや、かなりの間サボってましたm(*- -*)m

忙しくはあったんんですが、ここまでサボるとさすがに・・・馬鹿ヤロウですね(T△T)

載せたい車はたくさんあり、色々用意しておりましたんで、ボチボチ載せていきます!

 

ささ、気を取り直して早速修理実績です。

今回は平成16年車のクラウンです。ハンドル操作を誤まり、対向車線側の側溝に落ちてしまいました。右側の前後タイヤが落ちたのですが、衝撃がかなり大きかったようで、足回りはもちろん、フレームやフロア(床面)までも損傷大です。

2106-0004

タイヤも大部後ろ方向までズレているのが分かりますね。このタイヤがホイルと共に運転席の足元まで・・・・

2106-0005

もう足回りは全部交換になります。とりあえずリフトで車体を上げ、底面を見てみます。

2106-0008

足回りはもちろんの事、底面もだいぶ損傷がありました。板金や塗装が出来る部分ではありませんので、こうなると全て交換になります。

タイヤとホイルでかなり運転席足元を押していますが、ここもどこまで入っているか気になります。

2106-0012

足回りを全部外すと見えました。コレだけつぶされてます。分かりにくいかも知れませんが、写真下の黒い部分がたたまれている様に潰れてます。

2106-0021

エンジンを下ろして正面から見た写真です。正面に見える左右に渡るシルバーの部品は、フレームから直接つながってるものです。左側のフレームがかなり下がってるのが分かります。

2106-0018

タイヤハウスは右側のフレームによって下に引っ張られて、全体的に歪みが出ています。こうなるとフレームを押し上げても半球状のタイヤハウスは戻りません。フレームから上は全て交換します。

2106-0023

ここまで部品を交換するのは滅多にありません。角度がどの方向に、ほんの少しでも誤差が出ると、他のパーツ全てがキチンと収まりません。また強度が必要な部分になりますので、かなり慎重な作業となり、時間もかかります。

きっちりと正確に測りながら作業し、交換した部分を塗装したらとりあえずは一段落。あとは足回りを組み付け、外装に入ります。

2106-0026

足回りを組み付け、外装の修理が最終段階です。ここまで来ると車らしくなってきますし完了もだんだん見えてきますね。

2106-0032

外装は大きな損傷は無いのですが、縁石に当たってる損傷部分が前から後ろまで広範囲に渡ってありました。よって右側片面は全て塗装します。

2106-0034

塗装が終われば後は走行テストをして完成です。高速テストも行いましたが、ブレも全く 無く、快適な走行が出来ました。保険会社との確認等もあり、作業が始まるまでにもちょっと時間がかかりましたし、さすがにこの車だけに手をかけてると言う わけにも行かないので、1ヶ月弱お預かりさせていただきました。

2106-0044

今回の修理の修理代金は約160万円です。お客様は280万円の一般車両保険に入っていましたので、修理代金は全て保険でまかなえました。

車両保険には大きく2種類あるのをご存知ですかσ(・_・)?

大きな違いは「単独自損事故」が対象になるか否かです。「一般車両保険」と呼ば れる車両保険はほぼ全ての(※)損害に対応できます。これが、保険料がもう少し安い「車対車ワイド」等となっている車両保険は「相手車両との衝突・接触事 故」が対象となるので、自損単独事故は補償されません。(ワイドとなっている部分は火災・爆発・盗難・台風・落書き・いたずら・などを指します。)

車両保険に入っていれば全て補償される、と思っているお客さんもだいぶ多いです。「車対車」の車両保険とは知らずに自損事故で入庫されるお客様もいましたが、結局実費での修理になったケースもあります。

保険の内容って難しいんですよね・・・σ( ̄◇ ̄;)

自分の保険内容の全てを把握するのは大変です。が、最低限可能性の高そうな部分の補償はきっちり把握しておきたいものですね(゚ー゚)(。_。)

(※)の部分ですが、一般車両保険でも補償されないケースが色々あります。その 中でも注意してみておきたいのケースが「地震・噴火・津波などでの損害」です。これらはまだ別の特約をつける事によって補償できますが、あまりコレをつけ ている保険は見たことありませんヘ(*–)ノ気になる方はご自身の代理店さんに聞いてみてくださいね!

 

さて、長々となりましたが今回は以上です!

今後はこんな長いブランクを空けないように頑張りますっ!(以前にもこんな事を言ったような気が・・・)今後とも宜しくお願いしますヾ(*’-‘*)

 

修理実績!平成19年 ホンダストリーム

endy1

みなさまこんにちわ。またまたブログの更新がだいぶ遅れてしまいました・・・そうです、忙しくてなかなか手が・・・

忙しいフリをしております。というか、2月は今年度で一番忙しい月でした!入庫台数も本年度では一番多かったです。そんな中でも、スタッフのみんなは回転良く、お客様に迷惑をかけないように一生懸命やってくれました!!感謝感謝っ!

さて、今回から字を大きくしてみました。そうです、もちろん「小さくて読めねぇぞ~」との声をいただいたいたからです。どうでしょ?!HPで後で確認せねば!

 

さて、修理実績です。

平成19年のストリームです。今回のテーマは「衝突時の内部損傷」とでも言いましょうか、内側の損害がどんなもんかと言う所を見ていただきたいです。

1302-0002

入庫時からフロントバンパーはありませんでした。衝突時にもぎ取られたか、搬送の為に外したにしても衝突時はプラプラだったでしょう。

1302-0001

両サイドも結構グチャっと行ってます。右足回りとサイドフレームもかなり損傷があります。足回りは交換部品が増えそうです。新しい車なので、部品は全てが新品部品での修理になります。

1302-0006

右ヘッドライト下部です。

1302-0005

左ヘッドライト下部です。これらのパーツはとても硬い鉄板なのですが、かなり歪み形を崩しています。

1302-0018

外装を外しました。どちらかと言うと右サイドがひどい状態です。タイヤ上部のメンバーはちぎれてます。ここもボディー構造の中ではかなり硬いパネルのひとつですが、完全に外を向いてます。

1302-0023

フレーム自体も広がっていましたので、フレーム修正をかけ、修理不可能なパネルを交換 しながら、寸法に気を使って修正していきます。ここからは板金部長の武田ワールドです。バンパー以外の外装の損傷は、今回は大きくありませんでした。なの で、この内部の修理がきっちり出来ていないと、外装の建て付け、パネルとパネルの隙間、ライトの角度、などに大きく影響してきます。

1302-0024

1302-0026

完成です。隙間を見る限り、内部、フレームの修正はバッチリ出来ているようですね。まるで新車の様なフロント周り♪足回りももちろん多々交換いたしましてアライメントかけております。走行も問題ありません。

 

外装が大した事ないように見えても、内部で大きく凹んでいたり、損傷受けている 場合が多々あります。特に「バンパーの中」はよく見受けられます。と言うのも・・・バンパーは衝撃を吸収するためにあるものなので、バンパー自体はやわら かく出来ております。また、車によってはバンパー内部のステを、衝撃吸収させるために柔らかめのパーツで組んでるものもあります。

ここで・・・バンパー自体は柔らかく出来ている、と言いましたが、これは樹脂で出来てますので、当然鉄板とは全く違うもので、柔らかく、そして、反動性があります。つまり、ぶつかって押されても、元の形に戻ろうとします。衝撃が柔らかいと、ほぼ元の状態にもどります。

が、鉄板はそうは行きません。

衝撃時、バンパーが押され、中の鉄板を押しつぶし、バンパーは反動性で戻る。コ レぱっと見何ともないように見えます。もしくは、ちょっとバンパーにキズついた、とかちょっと変形したかな、ぐらいに見えるんです。でも・・・そうです、 バンパー内部の鉄板パーツはつぶれている事が多いのです!!

先日、とてもいい話なのですが、あるお客様(会社経営)が「後ろからおじいさん にちょと小突かれたけど、見た目なんでもないからそのまま別れたわ。大丈夫だよね?」と愛車のアウディで来店されました。嫌な予感しながらもリアバンパー を外すと、案の定・・・部品代含めて10万以上の見積もりになりました。

とてもいい人なんです、この社長様は。見た目いいから、と修理はしませんでしたが、損害額は大きなものでした。

 

とりとめもない話になってしまいましたが、そんな話もありますので、見た目と内部の損害は開きがある事をわかっていただければ幸いです!!

 

PS:最近、HPからの見積もり依頼、来店が非常に多くなってきております。ありがとうございます!!

 

 

自動車修理実績 平成18年ワゴンR

endy1

こんばんわ。ブログの更新をしばらく?!1ヶ月!?ぐらいしてませんでした・・・m(-_-)m

1月は結構大きな事故車が多く、台数はこなせませんでしたが忙しい毎日になってました。書きたい事はたくさんあったんですが、なかなかHPに向き合う時間が無く、今になってしまいました。

最近は結構落ち着いてきましたね。「他の工場は忙しいのかなぁ~・・・」とか気になって色々アンテナ立ててますが、そうでもないらしいとの事。雪も降りませんし・・・って思ったのですが、今日はしばらくぶりで降りましたね。事務所も足元か寒くなってきました(ノ_-。)

 

さて修理実績です。

平成18年のワゴンRなのですが・・・これウチの代車です(ノд・。)お客様に出している時に追突されました。幸いお客様が乗車していない時だった ので、怪我は無かった事が不幸中の幸いです。壁に前向きに駐車していた際、トレーラーがサイドブレーキかけ忘れでゆっくりと突撃してきたらしく、サンド イッチにされました-~)ノ~~

3003-0001

結構な衝撃だったのでしょう・・・バックドアはめちゃくちゃ、ガラスは運転席まで飛んでました。

3003-0002

クウォーターパネル(左のリアタイヤ上部のパネル)も押されてリアドアと接しており、パネル自体全体的にゆがみ角がついてます。たたまれた感じですね。こうなるとさすがに0:100の事故ですし、外装は交換で進めます。

3003-0009

インナパネル(外装のクウォーターパネル部分の内側には同じようなパネルがあり、2枚で箱状になってます。)ももちろん潰れてます。外装と同じぐらい前に押されてましたが、インナパネルは板金で修理します。

3003-0004

フロント部分も損傷あります。バンパーを外すと、まるでポールか何かにぶつかって行ったかのような損傷具合でした。ライジエター下部のサポートもココまで来たら交換ですね(><*)ノ

という内容の修理になりました。

リース車以外の代車で一番新しいこの車。時間かけてじっくり直したかったのですが、この為に他のお客様を待たせる訳にも行かず、修理にかかるまでは かなり時間がかかり、手をつけ始めてからは「とりあえず走れる状態で見た目何とも無かったかのように!」とあっという間に直しちゃいました。

でもこんな感じに仕上がったのでまぁまぁ上出来ではないかとヽ(^◇^*)/

3003-0014

が、バックドア内側のストップランプカバーの部品がまだ来てなかったりしましたが、足回りの点検も終わったのですぐに代車として活動再開しておりました。この車は軽ですが、中が広いので1300ccクラスの車のお客様にも問題なく対応できます。重宝してるんです。

 

最近お客様から「代車を借りて事故ったら、保険に入ってないようで・・・(ρ_;)・・・」とのお話を続けざまに2件聞きました。代車に保険をかけていない中古車屋さんや修理工場もあるようです。

保険をかけていない理由のひとつに、今の自動車保険のほとんどに「他車運転特約」が自動付帯されているからかと思われます。お客様が借りた代車、も しくはお友達から借りた車で事故を起こしても、お客様本人名義、もしくは同居の親族名義の自動車保険があれば、その保険で事故対応出来るのです。

ただし、借りた車の修理分に関しては、自分、もしくは親族の自動車保険に車両保険が付いてないと保険からはお金は出ません。あくまでも使う保険の内容にそった分しか保険の支払いはありません。

人から車を借りる、工場やお店から代車を借りる、際には、その辺もしっかり確認しておくポイントです。他人の車を急に運転すると、前後左右の広さも違いますし、その車のクセもありますので、慣れるまでには時間がかかり、その間にぶつかった・・・なんて話は多いですよ。

 

んじゃオタクの代車はどうなんだ?!

って話になりますよね(*’-‘*)当社の代車は全て任意保険加入しております。代車12台全てに任意保険をかけてますが、車両保険はありません。 また、もし代車でお客様が事故を起こされた場合は、いまお話しました「他車運転特約」を利用いただき、事故対応をさせていただきます。

が、ここ10年の私の記憶で、お客様が代車で過失があるような事故を起こした事は一度もありません。当社はお客様に恵まれているんですねo(*^▽^*)o~♪

 

修理実績 平成8年 オプティー

endy1

こんにちわ。私は風邪で丸々連休をベッドの上で過ごしましたが・・・みなさまいかがお過ごしでしょうか?

幸いにもインフルエンザでは無く、ただの風邪だったので良かったのですが、まわりではかなりインフル流行ってる様です。お気をつけ下さい!

 

今日も修理実績です!が、どちらかと言うとリサイクルパーツの有効利用というか、値段の差を主に見ていただきたい感じです。なので修理途中の写真はあまりございません。。。(修理途中の写真を撮り忘れたと言う噂も・・・ヾ(^-^;))

今回入庫した車両は平成8年のオプティー。

8977-0001

8977-0002

お客様の実費での支払いだったので、なるべく安く上げようと言う事で、リサイクルパーツを探しました。ボンネット、フロントバンパー、右ヘッドランプ、右フロントフェンダーと外装のほぼ全てが見つかりましたので上出来ですヽ(^◇^*)/

ただし、内部もかなりひどい状態ですので、こちらの修正には時間がかかりました。

8977-0006

右のライトがつく部分や、ラジエター上部のパネルはリサイクルがないので、こちらは新品での対応となります。その他は、修理金額を抑えるために、全て叩いて修正することにしました。

で・・・あっという間に完成写真です・・・w|;゚ロ゚|w

8977-0013

整備部長の星くんもニッコリです!

8977-0014

仕上がりを見ていかがでしょうか?今回リサイクルで対応したパーツは最終的には補修、塗装しますので、仕上がって見ると新品のそれとほとんど変わりはありません。いま補修・塗装と 言いましたが、あくまでもリサイクルパーツ(中古部品)ですので、つい最近まで利用されてた物です。ですので、取り寄せて入荷した際には多少なりともキズ や何やがある物が多いです。ですが、それもきっちり拾って補修して、最終的に塗装をかければ、見た目は何も問題なくなります。

 

今回利用したパーツ

ボンネット・・・・・・・・・・新品 29,000円  リサイクル 13,000円

フロントバンパー・・・・・新品 26,400円  リサイクル 15,000円

ヘッドランプ・・・・・・・・・・新品 17,800円  リサイクル 6,000円

フロントフェンダー・・・・新品 19,700円  リサイクル 11,000円

 

という値段でお客様に請求させていたしました。リサイクルパーツは定価がありません。その物の状態、数、どこにあるか、などで金額が決定されますの で、「定価の何割!」というのが無いんです。ですので、その時その時で相場は変わるのですが、それでもコレだけの差額が出ます。

この4点だけで 47,900円 も差が出ています。単純に総支払額がこれだけ下がるのですから、年式が新しい車であれば新品を使いたい所ですが、そうでも無い!とお客様からのご要望があれば、利用する価値は十分にあると思います。

 

私はいつも思うのですが、保険事故にしてもリサイクルパーツをどんどん利用すべきなんです。例えば100%自分が悪い事故を起こした場合、もちろん 相手の修理代金はこちらの保険で持つことになります。そういった場合でもリサイクルパーツはどんどん使うべきです。相手に遠慮してなのか、誠意をここで見 せたいのか、やたらと新品部品の交換を保険会社は認めていますが、本来、賠償というのは・・・

時価賠償  ですので、壊れて使えなくなった部品も、同等の価値の部品、つまりはリサイクルパーツで対応しても 何もおかしくは無いのです。同じ年式、同じ型式のパーツ交換で、充分賠償責任は果たしているのです。パーツだけが新品交換認められるって・・・コレ大げさ に言うと、相手の車壊しちゃったから新車買って賠償しました!ってなっちゃうんですよね。

なんでココで熱くなってるのか自分でもわかりませんが・・・「(´へ` とにかくこのご時世、出て行くお金は会社も個人も抑えたい所ですよね。しかもエコが叫ばれている中ですので、リサイクルパーツを利用するだけでも、かなりのエネルギー量の消費を抑えます。

 

なのでみなさん、リサイクルパーツで出費を減らし、エコな修理をしましょ~♪

 

あっ、雪積もってきた・・・帰ろっ!