ページェントカー

endy1

さて。本日2回目のブログです。

暇なのか?!って言われそうですが・・・いま遠藤自動車は混んでおります!代車待ちが8台ほど出ており・・・お待ちの皆様、大変ご迷惑をおかけしております。すみません。

当社には代車が11台あり、この規模では多いほうだと思うのですが、10月に入って結構混んでまして代車待ちがだいぶ出てしまっております。そしてなぜか今月は車検が多いです。ありがとうございます!

 

さて、車検が多いというお話をいましましたが・・・・こんな車も車検で入庫です!

pe-jyennto000

この車なんだかわかりますか?

pe-jyennto0002

すごい数の電球が・・・約5000個だそうです!!

pe-jyennto0003

なんか文字も見えますね。

夜光らせるとこうなります。

small04

そうです、光のページェントで使う「ページェントカー」なのです!!車検で入ってきたんです。

この車は光のページェント期間中のみ定禅寺通り近辺を走ります。その他の期間は、仙台市で管理している倉庫に眠っているのです・・zzzzz

電球を外し、車検を取って自動車保険もかけます。この2週間のためだけに・・・ウン十万のお話です。あまりにもそれではキツイので、今回はなんとか安く仕上げられるようにとの依頼で、当社にやってきたのです。

光のページェントの下を走るこのページェントカーを見る子供達の目は、まるでおとぎ話の世界に入り込んだような瞳になるんです。その為だけに走らせるこの車、ページェントの実行委員としてもなんとかしたいと思っております。

が・・・なかなかの難問となっております!!!がんばります!!!

 

自動車修理実績  平成1年コロナエキシブ

endy1

こんにちわっ!

だんだん寒くなってきましたねぇ。昨日商工会議所青年部のメンバーのお店でご飯食べてたら、他のメンバーが続々と現れ・・・しかも同じサッカー同好会のメンバーだったのでもう大騒ぎ。。。

お酒は大人しくゆっくり、食事を味わいながらいただきましょう~っ!

 

さて、修理実績です。最近納車した車両なんですが、なんと平成1年車っ!!

追突されたとの事ですので相手保険会社が全額補償となるのですが、この手の車は車両価値が少なくなってしまうので、修理代がそれを上回ります。これ を・・・「全損」と言います。こうなると保険会社は、その車両価値の金額を現金で相手に支払い、そこで示談となりますが・・・揉めます。

大体ですが、初年度登録から10数年経つと新車価格の10%ぐらいから価値をつけていきます。今回のお車の場合、25万円との事でした。

9303-0001

ぱっと見るとそれほどでも無さそうですが・・・

9303-0003

全体的にかな中に押されてます。リアバンパーはもちろんですが、テールランプ(左右、中央の3つ)も内側で破損があるので交換が必要になります。バックパネル(テールランプ、リアバンパーの内側ボディー部)も交換が必要な状態です。

また、リアの中央部分が強く押されているために、左右のクォーターパネルが内側に入ってきています。この修正はかなりの技術が必要になります。

9303-0007

この様な状態ですので、新品部品を使ってまともに修理したら35万を余裕で超えます。

そんなときは・・・

「リサイクル部品」を使って修理金額のコストダウン!!

9303-0009

まずは外装部品を取り外し、左右のクォーターパネルの修正をし、バックパネルを交換します。パネル自体が溶接されているので、それを外しまた溶接して付け直します。その後溶接部分にしっかりシーリングをして腐食や雨漏りを防ぎます。

9303-0010

しっかりと修正された後部には、外装部品も難なくつけられます。塗装をするとこんな感じです。

これにリサイクル部品の外装を組みつけていけば完成です。今回の外装部品はエンブレムや細かい部品意外を除いて全て揃いました。

9303-0011

完成です。後部は新車並みの状態になってます。リサイクル部品もこうやって見ると違和感をまったく感じさせません。綺麗な仕上がりになりました。

今回の重要ポイントであった修理金額も、リサイクルパーツのおかげで現在車両価値を下回る形で終わりました。

 

最近は「対物超過修理費用」なるものが自動車保険に出来まして、この特約を付帯している車両が増えてきました。これは「車両価値を修理代が超える全損の場合に、修理をすることを条件に車両価値プラス50万円まで支払う」というものです。

年式の古い車との事故のときや、大きな修理が必要になる事故、などはこれがかなり効いてきます。当然我々修理業界にとっても大きな特約であり、以前 であれば全損で修理不可能な修理も、リサイクルパーツの普及、全損超過修理特約のおかげで修理が出来るようになってきております。

 

さて、今日は続けてもう1つ書きます。

これも面白い報告ですんでご期待ください!

トラックによる脱輪被害

endy1

こんにちわ。エンディーです!

最近エンディーの評判がうなぎのぼりです!

「かわいい~!」と言う声が多く、みなさんに気に入ってもらえてるようで嬉しい限りです。後輩Y、ありがとう!

 

さて、今日はタイトルにもあるように「トラックの脱輪による被害」で入庫してきた事故車両を紹介します。この車両もこれから修理することが決定しましたので、その内容は修理実績として後日アップします。

いま何かとこのニュースはよく聞いてはいました。深刻な問題、そして大きな被害が出てるので他人事じゃないなぁ、なんて思っていたら入庫です。

よく当社を利用いただいているお客様が南部道路を走っている際に、対向車のトラックのタイヤがバーストして外れ飛んできました。

081015_0816~0001

対向車線からタイヤが飛んできたのですが、みてわかる通り正面やや運転席側のボンネットに直撃しております。あと1メートル手前にぶつかってたら、 時間にしてOコンマ何秒の早くその場にいたら、運転席直撃だったでしょう。そうなれば当然運転手は・・・・考えたくもありません。

お客さん曰く「大きなバーストの音がしたと思った次の瞬間、真正面からどデカイタイヤがこっちに真っ直ぐ飛んできた。死んだと思った」とお話されてました。

081015_0816~0002

バンパー内部、つまりコンデンサーやラジエターもすべてエンジン部分まで押されています。ボンネットもフロントガラス方向にスライドするように押され、ガラスも割れました。

081015_0816~0003

トラックタイヤのデカさ、対面通行の怖さ、脱輪タイヤの衝撃の大きさ、点検の大事さ、色んな事を感じました。

でもお客様が無事だったのが何よりです。もちろんまったくの無傷ではありませんが大事には至らないそうです。

 

普通車でも脱輪はもちろんあります。

特に車検を取ったまま次の車検(2年後)まで一度も脱着してないタイヤなどは危険です。走りながらボルトが緩んで来る可能性があります。やはり12ヶ月点検、冬季前後のタイヤ交換はしっかりやっておきたいものです。

先日、整備振興会主催の「点検無料キャンペーン」に当工場からも整備部長を派遣しました。任意の工場から整備士が集まり、無料で点検するというイベントです。こういったイベントもありますし、お近くのスタンド、整備工場、もちろん遠藤自動車でも短時間で行えます。

 

この様な事故は、被害者は避けようがありません。気をつけようもありません。車を運転するドライバーが責任を持って車両管理をしてかないとこの様な事故は防げません。

自分で出来る点検も多々ありますので、出来ることからやって行きたいですね。

 

いも煮会

endy1

この時期はあちこちでやってる「いも煮会」。

当社でも毎年恒例のいも煮会を先週土曜日にやりました!!

 

当日は天気も良く、絶好のいも煮日和となりました。

12時まではキチンと仕事して、その後準備開始~!って前日から言ってたんですが、待ちきれなくて皆ソワソワしてる・・・・

 

そして12時からみんなで買い物行ったり、炭をおこしたり、家族を迎えに行ったりして始まりました。

ウチの従業員さんたちの平均年齢は32~3歳!当然家族も小さな子供たちがいっぱいです。下は10ヶ月から上は小学4年生まで。今回は子供達だけで6人。これでも子供3人欠席ですw

imoni0001

一番広い板金ブースを綺麗に掃除して、ココを開放してやりました。

大人たちはゆっくり飲みながら、美味しい鍋や海鮮BBQを楽しみたいところなのですがそうは行きません。子供達から「サッカーしようよぉ~!」とか「バドミントンやろうよぉ~!」などのお誘いが入ります。

imoni0002

この日はお客様から預かっている車両をすべて板金ブース以外の部屋に入れて、従業員の車や代車で道路との壁を作り、広い構内で子供達が思いっきり遊べるようにしてるんです。

子供達はおおはしゃぎ!ホント元気です。

imoni0003

やっと一段落して落ち着いて座って色んなお話をしました。なかなか従業員の奥様方とお話する機会がないので、こういう時は貴重な時間です。

こんなゆっくりした時間もあっという間です。

「かけっこしようぜぃ~!」と言う恐ろしい言葉が飛んできました。。。もう大人たちはいい感じでおなかも満たされ、美味しいお酒も程よく入ってきたところにはかなりキツイ・・・

こういう時は「整備部長 星」君が活躍します。

imoni0004

彼の激走を見ながらみんなで美味しいお酒をいただきました。

夕方まで続いた楽しい宴は盛り上がりましたよ。工場長はいつもは寡黙な男なのですが、お酒が入ると饒舌なんです。いつもリードしてくれます。

帰りはもちろん代行4台呼んで解散です。

やはりこういうイベントは楽しいですね。次は新年会でまたみんなと楽しいお酒を飲みたいです。

 

自動車修理 実績 平成14年 EKワゴン

endy1

頻繁に書こうと思いながらも忙しさに感けて久々の書き込みとなりました。

反省せねば・・・・

 

だいぶ涼しくなって来ました。朝晩は寒いぐらいの気温で、周りにも風邪引きさん増えてきたようです。皆さん体調管理にお気をつけください。

 

今日は 平成14年式EKワゴンの修理実績を紹介します。

右から来た相手車両との接触でしたので、車両前部右側に損傷が大きく出ています。また、斜め前から左に向かってぶつかったとの事なので、車体の鼻先が若干左に振られてます。

8164-00011

8164-00022

外装はここまで来ると交換になります。フード(ボンネット)もぱっと見た所はそれほどでもなさそうですが、大きく全体的に歪んでます。よって修理に主にかかるのは外装部品をはずした後の内部になります。

8164-0006

内部もだいぶやられてました・・・外してみないと見えない部分も多くあるので外せる部分は外して、大元から修理していきます。ココをしっかり修理しないと、外装を取り付けていった時に隙間や幅がきっちり合いません。

8164-00093

8164-00104

完了です。実際に修理にかかってからは約3~4日での完成です。塗装の調色ぐらいもバッチリですし、内部の修理に時間をかけただけあり、立て付け、隙間も問題ないです。

 

今回は久々の実績紹介となりましたが、今後は「まじめに?!コツコツ!!」と書いていきたいと思います。